外資系製薬会社に勤める薬剤師が医療の闇を暴き,真の健康とは何かを伝えます。

外資系製薬会社に勤める薬剤師が真の健康を語ります。

世の中の99%の選択及び選択肢はクソ以下

世の中は選択の連続だ。

 

赤いシャツを着るのか緑のTシャツを着るのか

 

黒のスニーカーを履くのか茶色の革靴を履くのか

 

勉強をするのか遊ぶのか

 

医者になるのか弁護士になるのか

 

無限に近い選択肢から一つを選ばなければならない。

 

選択肢は増えてくるばかりだ今後減っていくことはない無限に近い動画の数、娯楽の多様化、人口の増加など増えるものばかりだ。

 

様々な選択肢にさらされ、人間の脳は歴史上類を見ない数の選択をしている。

 

今、脳は選択することに疲れている。

 

その結果、99%の無意味な選択をすることにつかれ大事な1%の選択をするのがおざなりになってしまう。

 

大事な1%の選択は今後の人生にとても大きな影響を及ぼす。だからこそ99%の無意味な選択をできる限り減らそう。

 

使う食器の種類を減らす、デジタルデバイスを減らす、服のブランドを1つに決める、、、、

 

減らすことにより大事なものに集中しよう。

 

ある日、24種類のジャムを展示して買い物客が試食できるようにしました。別の日では、ジャムを6種類に減らしました。

ジャムの種類が多いほど、多くの人の注意を引くことに成功しました。

ただし選択肢を6種類に減らした方が売り上げは10倍になりました。

 

時として多い選択肢は有害になります。

 

世の中の99%の選択及び選択肢はクソ以下であることを心に刻み付けておこう

 

ポイント:世の中の99%の選択及び選択肢はクソ以下